マインド

今日から役立つ!面接で緊張しない方法!

就活生
就活生
  • 面接のたびに緊張してしまって
    なかなか良い結果に結びつかない…
  • 緊張しない方法なんてあるんだったら教えて欲しい!

なんて思ったことはないでしょうか?

今日のこの配信では
面接で緊張するそもそもの原因と
ちょっとユニークな解決方法を
面接シーンに応じて解説をしていきます

  • 「私、昔から緊張するタイプなんです…」

って思ってる方は
ぜひぜひ最後まで読んでくださいね!

 

 

のりかわ
のりかわ
この記事を書いている私は…

  • 社会人経験 25年
  • 音声での情報発信 550本の実績
  • 転職歴5回
    いろんな業界や職種の裏側を熟知しています
  • 人事採用経験6年
    企業の総合企画に携わった経験があるので、
    経営者がどんなことを考えているのかを知っています

それではさっそく本編をどうぞ

人はなぜ緊張するのか?

はい それではさっそく本題に入っていきましょう!

先日こんなツイートをしました

はい いかがでしたでしょうか

ショートコントなんていう
面白いワードが飛び出しましたが
のちほど解説していきますね!

緊張してしまう7つの原因

緊張ってそもそも何でするのか気になったことないですか?

これはたくさんの理由があるんですけれども
ずらずらっと言うとですね

  1. 完璧にやらなくちゃいけないっていう風に感じてしまう
  2. 非日常的な空間にいるから
  3. 過去の失敗経験が自分のトラウマになっている
  4. 単純に準備が不足してて焦ってしまう
  5. ネガティブ思考が定着してしまっていて変えられない
  6. 相手のことを過大に評価してしまっている
  7. 他人からどう見られているのかというのが気になってしまう

緊張しがちなあなたは
ここに書かれているいずれかに
心当たりがありませんか??(ドキッ)

ではでは 面接本番で緊張しないようにするためには
どのようにしたらよいのでしょうか?

面接本番で緊張しないようにする方法

緊張をほぐすには
落ち着くことも大切なんですけれども

今いる場所を

「楽しい空間だ」

と思うことがいちばんです。

なので
ひと工夫してユーモアを取り入れてみましょう!

場合に分けてお話しますね!

オンライン面接の場合

オンラインの面接に
どうやってユーモア取り入れるのかっていうと…

パソコンやスマートフォンのカメラの位置に
イラストを貼り付けるんです

よく「相手の目を見て話せ」
って言うじゃないですか

画面に写っている相手の面接官の人の顔を見て話すと
実は目線がずれてるんですよね

画面に映っている相手の顔に
ついつい目がいっちゃいますよね💦

でもそれって実は 面接官側の画面で見てみると
あなたの目線ってちょっとズレて
画面に写ってるんです

オンライン面接の場合
相手の目の位置はカメラのレンズ!

なので、カメラの部分に
虫眼鏡でのぞいているようなイラストや
ついつい自分がくすっと笑って笑顔になれるようなイラストを
目をくりぬいて貼り付けておくとよいでしょう!

虫メガネのところにカメラですね!

イラストの顔をみることで
自然と笑顔で相手の目を見るような感じになるので
一石二鳥です!

対面面接の場合

その場の空気っていうのもありますけれども
3つポイントがあります

失敗してもいいやというふうに考える

これはオンライン面接でも言えることなんですけども

  • 「不採用だったとしても、この会社とは相性が合わなかったんだ」
  • 「いいお見合いができなかったんだ」

と思えば…気が楽ですよね

不採用になったことによって
あなたが命を失ってしまう、ということはありませんからね!

 

最初に「緊張しているんです」とこちらから言い切ってしまう

面接の最初でこれを伝えることによって
自分が吹っ切れて
意外と楽になるっていうことはよくあります

あなたが緊張してるのは
面接官も十分わかっているんです

ぜひ試してみてくださいね!

 

自分で自分を騙す

先ほどのツイートにもありました
「ショートコント面接」ってつぶやくのは
まさにそれにあたります

今からドアをノックして中に入る
今ここから起こること・聞かれることというのは
全部お笑いのネタ・出来事なんだ

っていうふうに思って入ってみれば
意外と自分も面接官も素直に笑顔になれると思いませんか?

コントだからって
面接官を爆笑させる必要はまったくないんですけれども

  • ちょっとだけ笑顔になってみる
  • ちょっとだけクスっとした笑いを取り入れてみる

というのは解決策になることでしょう

まとめ

というわけで、今日のお話はいかがでしたでしょうか?

面接官だってあなたと同じ人間なんです

相手が大人の人だから年上の人だから
めちゃめちゃすごい人なんだ、

ってとらえちゃう気持ち、よく分かります

でも逆を言うと、対等な人間だからこそ
あなたにも会社を選ぶ権利があります

面接官を通じて 会社を選ぶ権利があるんだぞ思っていたら
緊張せずに対等な感じでお話ができるのではないでしょうか

 

この記事は音声でもお楽しみいただけます

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。