就活生むけ

【就活】最終面接でその場で内定を出す企業の意図とは?

この記事は音声でもお楽しみいただけます

  • 最終面接に行ったらすぐ内定出たんだけど…なにかの罠??
  • いきなり内定だなんて…この会社ってブラック企業?

今日はこういった疑問に答えます

本記事では
最終面接においてその場で内定を出す
企業の意図を解説していきます

この記事の信頼性は、私が採用担当していた時に
リクナビを運営しているリクルートキャリア社の
営業担当者から聞いたアドバイスおよび
私が実際に実践したことに基づいています

➡私は長野県の某企業で採用担当責任者を
6年間 務めていました!

 

最終面接でその場で内定を出す企業の意図

最終面接でその場で内定を出す企業の意図とは、
ズバリ! 優秀な学生の囲い込みです

なぜなら、
別の会社にあなたが逃げられては困るからです

あなたのことを「優秀な学生だ!」と思うのならば
きっと他社でも優秀な学生だと思われるもの

せっかく自社に関心を持ってくれて
面接に臨んでくれているのに辞退されては困る、
ぜひ当社に入社してもらいたい
と思っているからです

あなたがもし最終面接の場で
即内定が出たら優秀な学生だと認められた証です

素直に喜んで大丈夫ですよ!
(声には出さずに)心の中でガッツポーズしましょう!

私が採用担当していた時も、
本当に自社に入社してほしい学生には
最終面接の場で社長の口から直接
内定を伝えていました

 

そうはいっても、なにか裏があるんじゃないの?

可能性は否定できません

その場で内定をだすかわりに入社承諾を迫られる
いわゆるオワハラがあるかもしれません

入社承諾を迫られた場合は即答せずに、
いったん話を持ち帰って
冷静に考えてみることをオススメします

オワハラについてはこちらの記事で解説しています

まとめ

最終面接のその場で内定を出す企業側の意図とは
優秀な学生の囲い込みです

内定をもらったらあなたは素直に喜んで大丈夫ですが、
いったん冷静な判断ができるように
話を持ち帰って、入社承諾するかを考えて決めましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。