面接

カゴメの神対応エピソードに学ぶ!就活生への感謝

この記事は音声でもお楽しみいただけます

先日、ネットニュースで
カゴメ株式会社の就活生への対応が話題になりました!

企業はもっと就活生をリスペクトしたほうがいいよね

 

カゴメの神対応エピソードとは?

カゴメのこの試みは
もう10年以上続けているとのことですが
企業の就活生に対する感謝の姿勢がうかがえる、
気持ちが伝わるよい試みだと思います!

お互いうれしい気持ちになれるので
気持ちいいですよね!

よく就活ってお見合いや恋愛に例えられますが、
就活生が選考会の場を離れたあとに
恨みを買うような面接や対応はするべきではないですよね

あの会社に嫌なことされて…なおかつ落とされた
➡こんな悪い気分は就活が終わった後もずっと引きずるものです

令和は感謝の時代
お客様のことを100%考える時代なんですよ!

 

カゴメのような神対応はできるのか?


 

そもそも、うちの会社はメーカーじゃない

採用担当
採用担当
立派な心掛けだとはわかるんだけど、
そうはいっても、うちの会社メーカーじゃないし、
カゴメと同じことできない!

って、思っている企業がほとんどではないでしょうか?

サービス業の会社など、そもそも自社商品として
提供できるものがないのであれば、
感謝の気持ちを伝える方法を
自社でできる範囲でやればいいのですよ

私が以前、採用の担当していた会社は
サービス業の会社だったので、
応募者にものを送るなんてことはできませんでした

ただ、感謝の気持ちを伝える方法として
応募者へのお礼の言葉
「このたびは星の数ほどある企業の中から
弊社に関心を寄せていただきありがとうございました」

手書きで添えて不採用通知を出していましたよ!

 

コストがかかる

採用担当
採用担当
商品発送も手紙もコストがかかるよね…

そのとおり!よくわかりますよ!

カゴメと同じことをしようと思ったら
けっこうな経費が掛かりますよね
(発送代・人件費・商品原価など)

でも、応募者も選考会を一歩離れれば
自社のユーザー(消費者)なんです

面接受けてうまくいかなかったけれども
こんなステキな対応をしてくれた
いい会社だ、という印象が残れば
就活生も企業に感謝の気持ちを持ってくれるでしょうし、
ファンになってくれることでしょう!

お客様という違った形で
自社に戻ってきてくれるのならば
いい印象で終わっておいた方がいいですよね!

 

まとめ

いまだに会社のほうが偉そうにしている
採用手法を見かけますが、そんなやり方は
今すぐやめたほうがいいですね

就活生も同じ成人した人間です
面接官も人である以上、お互い対等な立場なんです

お互いが理解し合えて、
ポジティブな就活記事があふれるような
日本にしたいですね!

そんな意味からも
もっとこうした取り組みが広がたらいいと思っています

 

関連記事

【就活】圧迫面接してくる会社はやめておいたほうがいい3つの理由

カゴメの新卒採用受けたら「お礼の品」が届いた
ネットで話題の「贈り物」、10年以上続ける理由

カゴメが就活生に贈り物をするたった1つの理由 あの噂は本当だった!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。