社会人向け

アイディアがわかない人へのおすすめポジション

この記事は音声でもお楽しみいただけます

  • 会社の会議で「アイディア出してよ」と言われても
    さっぱり案が浮かばない…
  • アイディアが湯水のように出て来る人もいるのに
    なぜ自分はダメなんだろう…

今日はこういったお悩みに答えます

本記事では
アイディアがわかない人にとっての
ふさわしいポジションについて解説します!

この記事の信頼性は
私の過去の経験に基づいています

➡実は…私もアイディア出しがけっこう苦手な人です

アイディアを実行・実現させるプロになりましょう!

アイディアがわかない人に
ふさわしいポジションとは?

他の人が出したアイディアを
実行する人になりましょう!

実現させるためのプロになるのです!

アイディアを出すことと
実行することは、いわば車の両輪
どちらが欠けても成り立たないものです

私もそうですが、アイディアがすぐに出ない人は
どう逆立ちしたって出ないものなんです

➡ 脳がそういうつくりだから仕方がないですよね

会議の場の全員が
必ずアイディアマンである必要もないです

また、アイディア出しした人も
出しっぱなしでもいけないです

ところで、あなたは
イソップ童話「ネズミの相談」の話をご存じでしょうか?

ネズミたちは、いつも猫のためにひどい目にあわされていた。
何とかしようとネズミたちが集まって相談し、その中の一匹が、
「猫が来たらすぐわかって逃げられるよう、猫の首に鈴を付けよう」と
提案する。
皆は名案だと喜んだが、では誰が猫に鈴を付けに行くのか
という段になると、誰もその役を買って出る者はいなかった。
(Wikipediaより引用)

実はこの、猫に鈴をつけるという寓話から
学べることは多いです

今日のテーマである
「アイディア」という部分にフォーカスすると
鈴をつけようと発案したネズミは…
めちゃくちゃアイディアマンですよね

➡ でも、そのステキなアイディアを
誰も実行しないわけですよ

 

アイディアの実行部隊になる

ここであなたの出番です!

あなたは、どうやったらそれができるかを
真剣に考えるのです

人が出したステキなアイディアの実行部隊
これこそがあなたのとるべき立ち位置です!

アイディアは実現して形になってこそ実るもの
そのためには実行力が必要です!

先ほどのネズミの話の例では、
どうやったら鈴をつけることができるのかを
あなたは真剣に考えてみるわけです

そのためには知識が必要になるでしょう

  • 知識がないなら補おう
  • 本を読もう
  • 調べる力を身に着けよう

 

そうはいっても
絶対に実現できない
アイディアもあるじゃんね

ごもっともです

でも、これからの人生でとても大切なのは
できない理由をさがすのではなくて
どうやったらできるか?を探すことなんです

どうしても無理だったら、
他の人を納得させられるような
材料をそろえましょう

調べるスキルがあれば、これもきっとできるはず

失敗を恐れずに
アイディアを実現させるプロになりましょう!

まとめ

もし、あなたがこの童話のネズミの立場だったら
どうやって猫の首に鈴をつけますか??

ぜひ実行方法を考えてみてくださいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。